LINEマンガで『この恋。』連載スタート!

【マンガ】誰かの存在で強くなれる。<適応障害>

この記事は約2分で読めます。

スポンサーリンク

何度も挫けそうだった闘病生活

先月の12月25日に『なんで私が適応障害!?暗闇の中で光を見つけた私。』の中では語っていませんが、私は闘病中何度も何度も治療を諦めそうになることがありました。

病気を治そうと自分なりに努力しているのに全然治らない。もちろん、本当に最悪の時に比べたら少しずつ…ほんとうにちょっとずつ進歩はしているんでしょうが…それでも自分の理想とする完治まで程遠くて。

先が見えない。

進んだ気になれない。

「治療なんてもうやめたいな」なんて思うこともたくさんありました。そんな時、私を支えてくれたのは、恋人や友人やファンの方の存在でした。(このマンガではなっちゃんだけで申し訳ないですが…笑)

“小さな目標”と”大切な人の存在”は力に変わる

諦めそうになった時、いつも考えていたことがあります。

「治ったらなっちゃんとディズニーランドに行こう」「美味しいご飯も食べたいな」「電車に乗っていろんなところに行ってみたい」「親友と女子会をしたい」「また同人イベントに出てみたい」などなど…

この「他人からしたらどうでもいいことばかりの小さい目標」と「大切な存在」があったからこそ、治療を諦めずに最後は自分自身に打ち克つことができました。

「治したい」という気持ちを捨てないで

今、適応障害で苦しんでいるあなた。

大切な人が適応障害で苦しんでいるのを見守っているあなた。

残念ながら、適応障害を治すことは簡単なことではありません。

適応障害は精神疾患でも重い病気。私も早期発見で早期治療をしたからすぐによくなったものの、治すのにもっともっと時間がかかっている人もいるのは事実。それは個人差なので何とも言えません。

ですが、どんな人でも「治したい」という気持ちを捨てなければ、いつか必ず治ります。

それはすぐに来るかもしれないし、なかなか来ないかもしれないですが、必ず「その日」は来ます。

治れば今まであきらめていたことが出来るようになります。私も電車に乗っていろんなところに行けるようになりました。(都心に行くと時々人酔いしますが…笑)やりたくてもできなかったことが出来るようになるんです。それって本当にワクワクすることなんです。

あなたがなりたい「あなた」は、どんな「あなた」ですか?

それを忘れず、今後も担当のカウンセラーの先生や医師とともに治療に励んでください。

遠くからしか応援できませんが、あなたが心から笑える日が来るよういつも願っています。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました