LINEマンガで『この恋。』連載スタート!

【お知らせ】 #前澤ファンド に参加します!

この記事は約8分で読めます。

数日前、前澤社長が「#前澤ファンド」を発表しました。

「#前澤ファンド」とは、前澤友作社長が【総額100億円】10億円を10人の起業家に投資するという一大プロジェクトのこと。前澤社長が10億円規模の投資を実施し、一定以上(目安は20%程度)の株式を保有しながら、経営にも参画し、彼の持つ知見・人脈・影響力・資金などを最大限活用。必要なタイミングで上場も狙い、投資すると決めた起業家たちのビジネスの垂直立ち上げと成長加速をフルでサポートしてくれるというものです。

企画に参加したい人は2020年2月16日(日)23:59までに、前澤社長にメールにてビジネス提案書を提出して、3日以内に審査料10万円(+振込手数料)を支払えば参加完了。審査は1つ1つ前澤社長が目を通して返事をしてくれるようです。

審査に通過し、その後質疑審査(前澤社長および運営スタッフの質問書に回答する)、一次審査(質疑審査通過者と運営スタッフの面談)、最終審査(一次面談合格者と前澤の面談)、以上4つの審査に合格した10人の起業家には10億円ずつ、総額100億円を投資するという企画です。その他「#前澤ファンド」に関する質問への回答は以下の通り。

乃樹愛
乃樹愛

今回の記事では「#前澤ファンド」に対する自分の考えや思いを備忘録的な意味で書いていこうかなと思います。

スポンサーリンク

今回提案した事業内容

動画でもお話しさせていただきました

2020年2月13日に撮影・公開いたしました。

#前澤ファンド に参加します!メンタルヘルス事業を提案してみました!

私が今回提案したのはメンタルヘルスに関する事業です。私の運営しているnokiartのフリーイラスト素材を用いながら、全8ページにわたるビジネス提案書を約2日で作成しました。

この時点で事業内容を言ってしまうのはあまり得策ではない気がするので詳細は差し控えさせていただきますが、少なくともその事業が適応障害だった当時にあれば私の負担はかなり軽減されていたでしょう。

これは過信になってしまうかもしれませんが、この事業が成功すればメンタルヘルス業界においては革命ともいえるアイデアだと思っています。だからこそ挑戦する価値があると判断し、参加を決意しました。

スポンサーリンク

今回の企画においての4つのポイント

私が考えている今回の「#前澤ファンド」のポイントは4つあると考えています。

「10万円の参加費」で「前澤社長から必ず返事が来ること」

多業種に巨大な人脈を持つ世界的に知られている経営者にただの一般人が会える機会を得られるというのは、普通に考えて10万円ではおそらく無理でしょう。そういう方々の時給(秒給?分給?)つまり「彼らを拘束する時間の価値」というのは、「我々一般人を拘束する時間の価値」には到底考えられない次元です。そういう方に自分のアイデアを見てもらい返事をもらえる機会が得られるというだけで10万円以上の価値があるのではないかと私は思います。

「#前澤ファンド」でいろいろと検索した時「参加費の10万円は本気でない人を足切りするため」「10万円は”覚悟”だ」という意見を見ました。確かにそれもあると思います。私はそれにつけ加えて、厳しい言い方をしますが「最低でもそのビジネス提案書には”自分の考える10万円以上の価値”がなくては”提案するに値しない”」ということでもあると考えます。

私は「覚悟表明」といわれる「10万円」を支払いました(正確には彼と折半して5万円)が、正直「本当に覚悟があるのか」と言われれば分かりません。10億円以上の規模の大きなことなんて今まで生きてて考えたこともなかったし、考える必要もなかったし。だから「覚悟」とか、ぶっちゃけよくわかりません。だから提出した今でも怖いと思ってるくらいです。

とある研究には「年収800~900万以上で幸福度は変わらなくなる、むしろ下がっていく傾向にさえある」というものがあります。つまりお金はあればあるほど幸せになれるわけではないのです。

特に私は煙草も吸わないしお酒も飲まないし、家で漫画を描いて生きているだけなので交友関係もほとんどありません。いつか持ち家は欲しいとは思うけど、いい車も高いブランドもあまり興味がないし…。

ただ唯一駄菓子とゲーム、そして無印良品が大好きなので、出来ることなら無印良品の家具などに囲まれながら、駄菓子をつまみ、ゲームをやっているだけで生きていられるくらいが幸せだと思っています!だから出来れば「#前澤お年玉」を当てたかったくらいです!本当はそのくらい「どうしようもない人間」なんです。

でも自分が生きてきて『なんで私が適応障害⁉』を出版して精神疾患の現状を知ってしまった以上、何かせずにはいられませんでした。そして「最低でもこのビジネス提案書には自分が思う10万円以上の価値がある」と判断して10万円を支払いました。そういう意味ではそれが私なりの「覚悟の形」なのかもしれません。

スポンサーリンク

失敗しても借金を返さなくていい

今回のプロジェクトは10億円を「もらえる」企画ではないということです。10億円を「投資」して、その「10億円以上に価値のある事業を作る」こと。10億円はあくまで目安とおっしゃっていましたが、要するに「数億円を投じてそれを数十億、数百億にする」ということが目標です。10億円”程度のもの”であたふたしていては、この先身体も心も持たないというわけですね。そういう私はあたふたしているわけですが。

ただ、前澤社長のツイートにあったように仮に失敗してしまってもその借金を返済する必要がないということ。つまりローリスク・ハイリターンなわけで「やりたきゃやってみればいいじゃないか。」と。私の家族も私の彼も後押ししてくれて参加を決めました。「やらない後悔より、やる後悔」ってやつです。

とはいえ中には10万円工面できず涙を呑む人もいるであろうに、私の周りの人は「10万円は稼げるけど、時間はかえってこないんだから、やりたきゃやれ。」という考え方の人ばかりで、誰もためらわず「ぽんっ」と背中を押してくれる人たちしかいませんでした。非常に恵まれている環境だと思います。今回のことで背中を押してくれた家族と彼には心から本当に本当に本当に感謝しています。

そして何よりも私自身が、死ぬ間際に自分の人生を振り返って「あの時 #前澤ファンド に挑戦してたら人生何か変わってたのかな…」と思いながら、死にたくはないなと思いました。本当に「やらない後悔より、やる後悔」をとった結果です。

スポンサーリンク

前澤社長にアイデアを提供できること

「#前澤ファンド」に関する意見の中には「10万円で前澤社長にアイデアが盗まれるのではないか」という意見もありましたが、私が今回提案した事業は、ハッキリ言って財力と人脈のない私には絶対叶えられない事業です。「絶対に」叶えられません。

軽く見積もっても確実に1億円は投資する必要があるような巨大事業です。今日明日をヒィヒィいいながら生きている新人漫画家の私にそんなお金はありません。

乃樹愛
乃樹愛

今回審査料を彼が折半してくれなかったら、今月生きていけないくらいでした!

悲しいですがアイデアだけあっても誰も救えないのが現実です。もし前澤社長が私のアイデアを見て、世の中にいる精神疾患患者さんのために動いてくれるというなら、私は喜んでそのアイデアを渡します。それで何も問題はないと思っていますし、むしろやってほしいとさえ思っています。

そして仮に私が今回提案しなかったとしても、あと10年以内にお金を持っている誰かが考えて形にすることができる事業だとは思います。社会貢献のために形にしてくれる誰かがいるなら、発起人は私である必要はないし、私にとってそんなことはどうでもいいことです。ただたくさんの精神疾患患者がなるべく早く救われてほしいことだけを考えています。

綺麗事のように聞こえる人もいるかもしれませんが、本当にどうでもいいのです。精神疾患患者さんは私がこうしている今も、自分たちの中にある精神疾患と必死に戦っています。毎日毎日「死にたい」という思いに耐えながら、今日を懸命に生きています。そういう人が一人でも減るなら、私はそれで十分幸せなんです。

スポンサーリンク

自分の可能性を試せるチャンス

私が漫画家としての道に悩んでいる時のことでした。とある編集担当さんにそのことを相談したんです。「私は若くて人より人生経験がない。そんな状態でいい漫画を何年、何十年と描き続けられる自信がない。いい年して自分の夢を優先して漫画家を目指すより、周りのために定職に就いた方がいいのではないのか」と。

するとその編集さんは「乃樹愛さんはまだ20代でこれからだから、漫画にこだわる必要はない。漫画家はギャンブルと同じだから、漫画で生きていけるのはほんの一握り。だからいろんな可能性があるなら、それに挑戦してみたらいい。」と言ってくれたんですよね。もしかしたら「そんなこと言ってるうちは漫画家になれないよ。」という厳しい助言だったのかもしれませんが「それもそうだよな」と。

もちろん漫画家を諦めたわけではありません!私は今回の企画に限らず、この「のきログ」というブログを独学から始めてみたり、YouTubeをやってみたり、ストックイラストなんかもやってたりしてます。「人生1度きりなんだし、目の前にあるいろんなことに挑戦した上で最終的に選び取ればいいんじゃん!」という考えでやってます。見方を変えると「中途半端」ですが、目の前のことを一生懸命に長い目でやっていれば、いずれ形になるというものかなとも思います。

スポンサーリンク

なるようにしか、ならない。

ありがたいことに何名かのフォロワーさんから「応援します!」という声をいただきました。温かい声援があるというのは非常にありがたいことですね。でももう自分のできることはやりきってしまったので、あとは天に身を預けるだけです。

なるようになるし、なるようにしかなりません。また合否が決まった時にでも、このブログにてご報告させていただきたいと思います。最後までご覧いただきありがとうございました。少しでいいので、200記事以上ある私の漫画たちもぜひ見てあげてください!

人気のマンガ
この世でいちばん素敵な恋。主人公の杏子は初めての彼氏・柊一からモラハラDVを受ける。10月30日よりLINEマンガで連載開始あたしと甲子園行くわよ!…続きを読む

コメント

  1. […] ちなみに私はパワーポイントではなく、ワードを用いて8枚で作成しました。詳しくはこちらの記事に一部モザイクをかけて提案書を掲載させていただきましたが、自身で運営しているnokiartというフリー素材イラストサイトの素材を活用して作成したものです。(どなたでも無料で使うことができます。) […]

タイトルとURLをコピーしました