月間25000PV★累計85000PV達成!

【イラスト解説付き】「ギガホ」「ギガライト」どちらにすべき?旧料金プランと比較してみた!

マンガ記事
スポンサーリンク

私は生まれてから今までずっと

docomo以外のキャリアと契約したことがない

超ヘビーdocomoユーザーです。

今回は新しく出てきた新料金プラン

「ギガライト」と「ギガホ」について

旧プランと比較しながら

公式サイトを確認しつつ

なるべく分かりやすく解説していこうと思います。

(※ちなみに携帯販売員のバイト経験有。)

スポンサーリンク

今回の記事の注意点

必ず「ご自身」で「公式HP」をご確認を。

今回の記事では

分かりやすくするために

要所要所で概算をお伝えしています。

具体的な金額や

ご自身の詳しい料金プランと使用状況等は

必ず「ご自身」で「公式HP」をご確認をお願いします。

My docomo | NTTドコモ
My docomo(マイドコモ)は、ご利用料金、データ通信量、ポイントなどの確認、各種手続き・お申込み(ドコモオンライン手続き)ができるサービスです。

「1人」でdocomoの「スマホ」を契約している方向けの記事です。

またこの記事は

1人でスマホを契約している方の記事とします。

ご家族一世帯での加入や

スマホ以外の機種については考慮しないものとします。

これらに該当される方は

大変お手数ではございますが

お店の方やdocomo公式のwebサイトにて

ご自身の状況をご確認ください。

これからは、シンプル2択。ギガホ、ギガライト | 料金・割引 | NTTドコモ
ドコモの料金プランは、シンプル2択。毎月最大30GBまで利用可能な「ギガホ」、毎月1~7GBまでの間で、使った分に応じてお支払いの「ギガライト」。お客さまの使い方に合わせてお選びになれます。

2019年5月24日時点で把握している情報のみです。

2019年5月24日以降の情報は

記載しておりません。ご注意ください。

私の場合はdocomoユーザーで

ある程度自身の体験を元に書いておりますが

新料金プランは新情報の為

間違った情報に流されないよう

docomoの公式HPを確認したり、

店頭や電話相談窓口で確認したりしましょう。

スポンサーリンク

今は「ギガホ」にも「ギガライト」にも変えません。

こんな記事を書いておいて

この結論から始めるのは恐れ多いですが

私の場合、今は新料金プランには変えません。

正しくは「変えられない」というところが本音です。

新料金プランにすると「月々サポート」がなくなります。

私は今年に入って「iPhone8」を新規購入しました。

その時「月々サポート」として

私が2年間docomoを契約することで

本体代金を24回分(2年分)に

割った金額(私の場合2,889円)を

携帯使用料から全体から引いてもらうという

「本体代実質0円キャンペーン」を適用しました。

 

私の場合は

5月分のお支払いで4回目の適用となっているので

まだ57,780円分の本体代金が残っています。

これ実は…

「ギガライト」と「ギガホ」にしてしまうと

この月々サポートがなくなります。(※超重要)

つまり私は

今、新料金プラン「ギガホ」「ギガライト」に変更すると

残りの57,780円分の本体代金を支払うことになります。

なので私は

「ギガホ」にも「ギガライト」にも出来ないんです…。

月々サポートを適用中の方は

Mydocomoからご自身の料金プランを必ずチェックしてから

新料金プランに変更するか否かを決めましょう。

でないと「思わぬ出費」に繋がる可能性が出てきます。

My docomo | NTTドコモ
My docomo(マイドコモ)は、ご利用料金、データ通信量、ポイントなどの確認、各種手続き・お申込み(ドコモオンライン手続き)ができるサービスです。
月々サポートを適用中の方は、新料金プランにする前にご注意を。
スポンサーリンク

今までの料金プラン(図解あり)

docomoの従来の料金プランは

「通話料金」「通信料金」が分かれていました。

基本プラン | 料金・割引 | NTTドコモ
ドコモの通信・通話サービスをご利用になるための料金プラン「カケホーダイ&パケあえる」の、基本使用料についてご案内します。2019年5月31日(金曜)をもって、新規申込み受付を終了いたしました。

docomoの旧通話料金プランは?(※2年定期契約ありの場合)

docomoの通話料金プランは

シンプルプラン、カケホーダイライトプラン、カケホーダイプラン

の3つの料金プランから選ぶようになっていました。

シンプルプラン 月々980円

私が加入しているプラン。

家族間(※ファミリー割引適用のグループ)の国内通話が無料。

音声通話30秒ごとに21.6円(税込)かかる。

シンプルプラン(スマホ) | 料金・割引 | NTTドコモ
月980円で家族内の国内通話かけ放題の基本プラン「シンプルプラン(スマホ)」をご紹介。あまり通話しない方におすすめのプランです。
カケホーダイライトプラン 月々1700円

1通話5分以内なら何度でもカケ放題。

ただし5分を超過した場合は30秒につき21.6円(税込)かかる。

カケホーダイライトプラン(スマホ/タブ) | 料金・割引 | NTTドコモ
月1,700円で5分以内の国内通話かけ放題の基本プラン「カケホーダイライトプラン(スマホ/タブ)」をご紹介。短い通話が多い方におすすめのプランです。
カケホーダイプラン 月々2700円

24時間国内通話無料。

カケホーダイプラン(スマホ/タブ) | 料金・割引 | NTTドコモ
月2,700円で国内通話かけ放題の基本プラン「カケホーダイプラン(スマホ/タブ)」をご紹介。たくさん通話する方におすすめのプランです。
スポンサーリンク

docomoの旧通信料金プランは?

ベーシックデータパックウルトラデータパックの2種類でした。

ベーシックパック・ウルトラデータパック | 料金・割引 | NTTドコモ
ドコモの「ベーシックパック・ウルトラデータパック」をご紹介します。
ベーシックパック 2,900円(税抜)~

私が加入しているプラン。

月々使用するデータ量毎に料金が変更されます。

(※プラチナステージのみ適用される

ずっとドコモ割+は考えないものとします。)

パケットパックデータ量月額定額料(税抜)
ベーシックパック
<ステップ1>
〜1GB
2,900円
<ステップ2>
〜3GB
4,000円
<ステップ3>
〜5GB
5,000円
<ステップ4>
〜20GB
7,000円

私は自宅にWi-fiがある関係もあって

多くても3GBまでで済むのでこちらのプランにしています。

ウルトラデータパック 6,000円(税抜)~

ウルトラデータパックには2種類あって

ウルトラデータLパック

ウルトラデータLLパックがあります。

ウルトラデータパックプランに関しては

使わなかった分を翌月以降に繰越可能です。

パケットパックデータ量月額定額料(税抜)
ウルトラデータLパック20GB6,000円
ウルトラデータLLパック30GB8,000円

20GB以上通信を利用する方は

ウルトラデータパックを契約された方がお得です。

スポンサーリンク

新しい料金プラン(図解あり)

では旧料金プランを踏まえて

新料金プランである

「ギガライト」「ギガホ」を見てみましょう。

新料金プランの特徴とは?

旧料金プランとは異なり

通話料金と通信料金がセットになったプランです。

家族間(※ファミリー割引適用のグループ)の国内通話は無料。

※家族以外の通話は30秒あたり21.6円(税込)かかります。

ギガライトプラン

ギガライトプランは1~7GBまでの間で

使った通信の分だけお支払いするプランです。

7GBを超えると128kbpsになります。

※128kbpsはブログや動画の閲覧の際に

支障をきたすレベルの通信速度です。

ギガライト | 料金・割引 | NTTドコモ
毎月1~7GBまでの間で、データ量を使った分に応じて支払えるのでムダなく利用可能な、料金プラン「ギガライト」をご紹介します。

利用可能データ量
月額料金(税抜)
定期契約あり定期契約なし
<ステップ1>
~1GB
2,980円4,480円
<ステップ2>
~3GB
3,980円5,480円
<ステップ3>
~5GB
4,980円6,480円
<ステップ4>
~7GB
5,980円7,480円

国内通話料(税抜)家族間通話無料
家族以外への通話
30秒あたり20円
SMS送信料(税抜)
SMS(国内)1回あたり3円~(受信 無料)
国際SMS1回あたり50円~(受信 無料)

「定期契約」というのは

同じ回線を2年間使うことを条件に

毎月の料金がお得になるシステムです。

2年間の間にドコモを解約する予定の方は

解約金9,500円がかかってきてしまいますので

定期契約なしの方が良いです。

2年以内に解約の予定がない方は

定期契約ありの方が安くてお得です。

定期契約をありにした場合は自動更新の有無も選びましょう。

スポンサーリンク
ギガホプラン

毎月30GBまで速度制限がないプランです。

ギガホ | 料金・割引 | NTTドコモ
毎月最大30GBまで速度制限なし。コンテンツの制限なく容量超過後も送受信最大1Mbpsの速度で利用可能な、料金プラン「ギガホ」をご紹介します。

30GBの容量超過後も送受信最大1Mbpsの速度で利用可能です。

月額料金(税抜)
定期契約あり6,980円
定期契約なし8,480円
利用可能データ量30GB
国内通話料(税抜)家族間通話無料
家族以外への通話30秒あたり20円
SMS送信料(税抜)
SMS(国内)1回あたり3円~(受信 無料)
国際SMS

1回あたり50円~(受信 無料)

音声オプション

家族以外の通話は30秒あたり21.6円(税込)でかかるところを

定額に抑えたい方は音声オプションを検討してみましょう。

音声オプションは「ギガライト」「ギガホ」共通です。

音声オプション月額料金(税抜)通話料
5分通話無料オプション700円国内通話
5分以内:無料
5分超過分:30秒あたり20円
かけ放題オプション1,700円国内通話無料

昨今はLINE等の電話アプリが普及しているので

そこまで緊急の必要性はないと思われますが

知っておくと便利かと思います。

スポンサーリンク

キャンペーン実施中!

「ギガホ割」

2019年9月30日(月曜)までに

「ギガホ」をご契約の方は

最大6か月、月額1,000円割引になるようです。

5GB以上利用する予定の場合は

ギガライトと同じ値段になるようなので

ぜひこちらもご検討してみて下さい。

ギガホ割 | キャンペーン・特典 | NTTドコモ
2019年9月30日(月曜)までに「ギガホ」をご契約の方は、全員が最大6か月、月額1,000円割引に!

 

Mydocomo予約で300ポイントゲット!

2019年5月22日(水曜)~

2019年6月30日(日曜)の期間中

下記2点の適用条件を満たすことで

dポイントが300ポイントもらえます。

・My docomoから「ギガホ」「ギガライト」「ケータイプラン」のいずれかに申込む
・2019年7月1日(月曜)時点で
「ギガホ」「ギガライト」「ケータイプラン」のいずれかの契約が適用されている

詳しくはコチラをチェックしてみて下さいね。

NTTドコモ
スポンサーリンク

まとめ

私は月々サポートが終了次第、

ギガライトプランに変更しようと思います。

(残り20ヶ月分ありますが…

ギガライトの方がお得になるので!)

再三のご案内で申し訳ありませんが、

今回の記事では概算でお伝えしてきました。

具体的な金額や

自身の詳しい料金プランと使用状況等は

必ず「ご自身」で「公式HP」をご確認下さい。

My docomo | NTTドコモ
My docomo(マイドコモ)は、ご利用料金、データ通信量、ポイントなどの確認、各種手続き・お申込み(ドコモオンライン手続き)ができるサービスです。

また、シュミレーターを使うのも悪いことではないですが

シュミレーターはあくまで「シュミレーション」です

鵜呑みにし過ぎないように気を付けて

※マークがついている詳細な注意事項は

よく確認するようにしましょう。

これを読んでくれたあなたが

快適にdocomoを利用できますように!

タイトルとURLをコピーしました