トークイベント受付開始!

【マンガ】私はダメンズメーカー?<第29話>

マンガ記事
スポンサーリンク

第1話はこちらから。

スポンサーリンク

彼の姿が視界に入ると

怖くて泣いてしまうようになっていました。

…超重症😭😭😭

こうなったら最後。

もう好きという感情では

涙を抑えることが出来なくなっていました。

こんな状況を見かねたある人物が

私に声をかけてくるのでした。

続きはまた次回。お楽しみに。

コメント

タイトルとURLをコピーしました